FC2ブログ

I'm so grateful

20190605125637446.jpg



こんにちは、むねです。

いつも、ご覧頂き、感謝します。


今回は、僕の煩いに、朝のお祈りで、

三位=父・母・兄から、アドバイス(霊感)があったので、

記します。


僕の事ですが、宜しければ、

皆さんも、お聞き下さい。



(神様=御父)

人は、心根を変えない限り、

幸せを感じられない。

私が与えたもので、煩い(わずらい)。

不平不満ばかり云う者がいる。

しかし、私はその者に摂って大切だからこそ、

与えているのだ。

それを信じられない。

そこに、愛はあるだろうか。

私からの愛とは、信じ聞き従った先に、

与えられるものだ。

聖霊も、然り。

心と思いを尽くし、私と愛を成そうとする者へ。

私は、惜しみなく与えたいと思うのではないか。

人は、直ぐに忘れる。

だからこそ。

いつも、立ち帰り、私が与えた事には、必ず、

意味があるのだと、悟りなさい。

愛している。



(聖霊様)


むね。

むねの煩いは、もう、沢山解かれている筈です。

それなのに、何を案じているのです。

むね自身、誤解していた事があった。

それを素直に認める事が、また、むねを一歩、

成長させるのです。

奢り高ぶる者の末路は、絶望です。

頑なさは、真実を捻じ曲げます。

むねの良さの一つである、素直さを忘れてはいけません。

そうです。

ただ、誤解をしていた。

ただ、それだけです。

そして、真相が知る事が出来た。

それは、むねに摂っての得では、ありませんか。

誤魔化したままよりも、正しく行える筈です。

伝導とは、私達の愛を伝えるとともに、

むねの愛を伝えて行く事でもあるのです。

心根には、雑草が生えやすいものです。

いつも、気を配り。手間を惜しまず、刈り取って行きなさい。

必ず、むねの思いは大きく実を結び。

父(神様)に感謝する日が来ます。

私達は、むねの思いを無下にしません。

むねの愛を私達は一度も無下した事などないのです。

思い起こすのです。

必ず、煩いは解かれます。

むねの荷は、軽いのです。

しかし、私達の求める事の大きさに、

人は、躓き易いのです。

だからこそ、私達を信じる事が、

私達を愛したと、見做されるのです。

この意味を深く、心に留め。

今、与えている全てに感謝するならば、

むねの人生の本当の意味が見えてくるでしょう。

それが、父(神様)が与えた使命です。

早く、気付き、悟り、行いなさい。

それが、むねを活かします。

さあ、あと一歩です。

今、行っているもの全てに、意味を見出し、

また、わくわくを求める生き方を始めましょう。

そうです。

私達は、むねの愛を止めているのでは、有りません。

逆に、今。沢山、与えているのです。

煩わしいと思わずに、一つひとつを解決して行く事で、

むねの使命がはっきりと理解出来るようになるのです。

そう、一歩づつ。

しかし、その一歩は、神の一歩と悟りなさい。

案じてはいけません。

そうです。

進みなさい。

迷う事など、一つもないのです。

躊躇いを捨て、愛を成す。

むねの素直さが、人類の明日の希望に関わって行く。

それ程、むねの言葉には意味があるのです。

綴りなさい。

書き留めなさい。

そして、伝えなさい。

むねにしか、出来ない事を私達は沢山用意しているのです。

受け取り、活かしなさい。

それが、むねの喜びとなり、

人類の希望へと、結び付いているのです。

むねの役目は、他の誰より大変そうに見えて、

荷は、軽い。

なぜなら、むねは、楽しいと思えるからです。

楽しさを忘れた生き方が、祝福でしょうか。

いいえ。違います。

楽しいから、こつこつと、一歩づつ、歩いて行けるのです。

さあ、煩いを捨て。惑わしに聞きしたがわず。

私達を見て、生きなさい。

もう一歩。

いつも、心に留めて、生きなさい。

愛しています。



(イエス様)


我が、弟よ。

何に、煩っておるのか。

母(聖霊様)の云う、むねの素直さが、

多くの者を救うのだ。

躊躇わず、行いなさい。

人が一番、求めるものが、そこにはある、と。

気付かせる為に、試練を与えているのだ。

それを、楽しむ度量が、むねには、ある。

度量を広げるとは、領地を広げて行く事に似ている。

人に、尊まれる分、管理も増える。

しかし、その領地を生かすも殺すも、

むね次第だ。

さあ、煩いを捨て、進みなさい。

愛している。




三位の愛に、感謝します。

そして、愛しています。

むね



追憶、、、

今回は、いつもと違い、聖霊様=母が、多くを諭されました。

そして、兄=イエス様までも、、、

僕の中では、ちょっとした躓きでしたが、

心配して下さった三位に、感謝します。

そして、僕は、わくわくを神様に、求めます。

それが、、、

僕の三位への、愛の形、です。


いや、、、あれ?

もしや、、、

ちょっとした躓き、では無く。

ここから、ずれ出す、ところだった、かも、知れません。

なので、心配されたのでしょう。


今回は、皆さん。聞いて頂き、有難う御座います。


祈りとは、神様との対話であり、

導きです。


あなたを導く事が、神様の喜びなのです。

それが、真実であり、、、

成約の御言葉、なのです。


愛する隣人の皆様へ

あなたの隣人

むねより



20190605125647de9.jpg
プロフィール

光の騎士 むね

Author:光の騎士 むね
本当の愛を知った時。
あなたは、愛に包まれます。
これが、真実なのです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR