FC2ブログ

Thank you for your prayers

201904271810094b6.jpg



こんにちは、むねです。

いつも、ご覧頂き感謝します。



まず、始めに。僕の願いに、多くの方が、

賛同してくれた事に、感謝します。


あなたの祈りに、感謝します。


あなたの愛なる祈りが、悪人の裁きを加速させます。

あなたは、その眼で、体験する事になるでしょう。


愛なる求めを、無下にしない。

それが、神様なのです。



そして、今回は、、、

もし、あなたが、神様と出会いたい。

聖霊=神様の愛、を受けたい。

信仰=神様を一番に愛して、生きたい、と。

思っていらっしゃる方への、、、

大切なアドバイスです。



それは、性的な罪です。

信仰を初める前の罪は、許されます。


しかし、信仰を初めてからの罪は、、、

許されません。


簡単に言いますと、聖霊が受けられません。

閉ざされます。


聖霊を受けずして、信仰を続けるのは、、、

至難の業です。


ほぼ、無理に近い状態になります。


それ程、聖霊を受ける事が、重要で有り。

基本なのです。



まず、信仰をスタートする段階で、人それぞれ、

置かれている状況は、違います。


結婚している人。家族を持つ人。恋人がいる人。

はたまた、セックスフレンドがいる人、などなど、、、



まず、結婚している人の場合、、、


二人共が、神様を一番に愛し、共に生きる、のなら、

神様は、祝福します。


しかし、どちらかが、神様では無く。

相手を一番に、置くのなら、、、

信仰するのが、大変でしょう。


なぜなら、相手が信仰を、邪魔するからです。


相手は、低い次元の愛を、求めて来るからです。

それを、どうするかは、あなた次第です。


神様に、祈り求める事で、解決の糸口へ導かれます。

それが、真実で有り、、、

信仰なのです。



家族を持つ人の場合、、、


家族全員が、神様を一番に愛し、共に生きる、のなら、

神様は、祝福します。


しかし、そうでない場合、、、

分裂が、起きるでしょう。


イエス様は、言われました。

私は、この世に平和をもたらしに来たのではない。

分裂をもたらしに来たのだ、と。


この意味する事は、神様を一番に愛する者と、

そうでない者を、分ける、と云う意味なのです。


しかし、誤解しては、いけません。

神様を一番に愛さない者と、付き合うな、では、

有りません。


そんな事をしたら、あなたは、この世で生きては行けません。


なので、信仰する者、同志が、互いに信仰からズレない様に、

助け合いなさい、と云う事なのです。


もし、、、

家族の中で、信仰するのが、自分一人だけの場合。

神様に、相談=祈り・求めて、下さい。

必ず、導かれます。

愛する者の願いを、無下にしない。

それが、神様だから、です。



恋人がいる人の場合、、、


ここは、微妙な関係です。

正しく、理解して下さい。


でないと、、、

聖霊を受けた、としても、

閉ざされ、兼ねません。


神様を一番に愛する者同士の結婚を、

神様は、祝福します。


二人が、信仰を三年以上、続けた者同士、ならば。

祝福する、と。


信仰とは、、、

成約の御言葉に、聞き従った、三年以上です。


現在、成約の御言葉が、宣布され。

やっと、三年が過ぎたところです。


これを、無下にした信仰者が、、、

神様から、裁かれているのが、現状です。


僕も、始めに聴いた時。

神様、厳し過ぎませんか?

と思いました。


しかし、僕は信仰を続けて、二年半弱ですが。

理解、出来ます。

幼な過ぎる信仰は、ズレまくるからです。

ズレると、聖霊は、受けられません。


ズレている=神様を一番に愛せていない、になるのです。


神様を愛せていない、とは、、、

私利私欲に、生きている。

神様以外に、心を奪われている、状態です。


そして、恋人の関係で、一番のネックが。

性的、罪です。


神様は、信仰を始めてからの罪は、許しません。

神様が祝福した者同士の、結婚は認めています。


言い換えれば、信仰を始めたら、結婚するまで、

セックスをしては、駄目だ、と云う事です。


ここで、信仰をしていない相手が、理解出来るか?

ほぼ、無理に近いと思います、、、


仮に、信仰している恋人同士が、しても、、、

確実に、裁かれます。

確実に、です。


そして、敢えて。

神様を一番に愛さない人と、結婚するのは、、、

無謀ではないか、、、と僕は、思います。


**誤解して欲しくないのですが、**

以前の僕は、信仰が違えど、愛があれば、

愛し合う者同士、結婚すれば、いい。と思っていました。

しかし、この世のカラクリと、霊界の真実が、解かれた、今。

言える事は、、、神様を一番に愛する者同士、結ばれないと。

辛すぎる、、、この世でも、あの世でも、、、です。



なぜ、ここまで、性的な罪が、厳しいのか。


余りにも、性的モラルが、崩壊している、も有りますが、

エバの罪によるものが、大きな要因です。


その諸実は、割愛します。

成約の御言葉に、正しく、記されています。


恋人や、結婚相手や、我が子が、あなたを繋ぎとめる為に、

嘘=神様を一番に愛してる、と言うかも、

しれません。


神様は、いいました。

愛と情を、分けなさい、と。


愛とは、救いです。


情けは、人の為ならず。


神様を一番に愛する、事で、

人を正しく、愛せます。

これが、真実で有り、

成約の御言葉、なのです。



愛する隣人の皆様へ

あなたの隣人、、、

むねより



追憶、、、

皆さん、思ったことでしょう。

んな、アホなぁ~~、と。

僕も、始めは、戸惑いました。

しかし、今の僕が、言える事は、、、

神様の言葉には、全てに、意味がある、のです。

なので、後で、気付くのです。

だから、あの時と。


因みに、、、

聖霊を受けていると、性欲は、薄れます。

失くなりはしません。

そして、気付くでしょう。

これが、通常だと。

そして、何れ程、無駄に、誘発されているのか、を。


性的障害は、治ります。

同性愛、小児性愛、近親愛、汚物愛、などなど、、、

そして、僕の様に、思うでしょう。

何で、あんなに、求めていたのか??、と。

これが、僕の体験談です。


*セックス以外なら、OK?、と思われた方は、

厳しい様ですが、、、聖霊を受けるのは、、、

無理だと、思いますよ。

愛の根本が、ズレています。


神様は以前。僕に、諭されました。

むねが、ボーダーラインだ、と。

むねの言葉が、理解出来ないのであれば、

到底、私が与える御言葉の意味を悟れないであろう、と。


なので、僕は、少しでも、皆さんが理解しやすい様にと、

身を焦がしているのです。

それが、僕の愛の形で有り、、、

愛を成す、なのです。




20190427181018080.jpg
プロフィール

光の騎士 むね

Author:光の騎士 むね
本当の愛を知った時。
あなたは、愛に包まれます。
これが、真実なのです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR