FC2ブログ

希望を持ち、強く雄々しくあれ。

強く雄々しくあれ



僕は以前から、神様に諭されていた事があります。

雄々しくあれ、と。


自分の中では、悟れていた、と思っていました。

しかし、悟りきれては、いなかったのです。


今回のお話は、次元を上げるが、テーマです。


この記事を読む方は、信仰されていない方が

殆どでしょう。


しかし、本当の宗教とは、

誰に対してであれ、意味を持つ、のです。


御言葉で、希望について、諭されていました。

僕は、理解していると思っていましたが、、、

そうでは、なかったのです。


信仰を続けるとは、、、

神様から、沢山、導かれ、与えて貰う事。

それも、一つです。


しかし、それだけでは、足りないのです。


自分も、愛を成す事で、神様の思いを地上に

満たす事で、報酬として祝福が与えられる。


ギブ・アンド・テイクなのです。


信仰を続けて行くと、忍耐だけでは、越えられない

壁に、ぶつかります。


あなたは、何を求めて、生きて来ましたか?


僕は、希望を求めて生きて来たのだと、諭されました。


愛を求めました、、、

埋められずに、自我欲を満たす日々を送りました。


救いを求めました、、、

答えが見つけられず、うやむやにして来ました。


神様に、出会い。

愛を沢山受け、学び。愛とは、救いだと知りました。


そして、愛を成す、為に、日々、もがく。

僕の日常です。


しかし、それでも、忍耐だけでは、越えられない壁が、

あった。


その時に、必要なのが、希望なのです。


神様は、祝福を与えて下さる。何度も経験していても、

余りにも、辛い状況に、信仰が崩れそうになった時。


希望とは、自分自身の土台だと、悟ったのです。


神様という土台は、置いていた。

しかし、、、

希望という自分の土台が置かれていなかった。

なので、ぐらついた。


雄々しくあれ、と、希望が、繋がった時。

神様の思いと、僕の思いが、繋がったのです。


立ち止まるな、とは、、、

真っ直ぐに、前(神様)を見て、歩き続けることです。


どんな、状況であれ。立ち向かう、土場・土台を

持ち合わせているのか?が、問われていたのです。


多くの方が、ここで、つまずき、離れます。


信仰とは、立ち止まる事では、ありません。


神様は、いいます。

毎日、新しく生まれ変わりなさい、と。


次元を上げる為に、もがく。

それが、信仰者なのです。




親愛なる隣人の皆様へ

むね


皆様に沢山の祝福が望まれますように
アーメン


プロフィール

光の騎士 むね

Author:光の騎士 むね
本当の愛を知った時。
あなたは、愛に包まれます。
これが、真実なのです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR