FC2ブログ

今回は、質問者の方が、、、

20180926045625d0f.jpg



こんにちは、むねです。

いつも、ご覧頂き、ありがとうございます。


ご好評の質問コーナーです。


今回の、テーマも、神様を一番に愛する、です。


今回は、質問者の方が、祈り・求めた場合です。

皆さん、ご存知の通り。質問者も、僕です。


僕が、つまずいた事や、伝導して、感じた事が、

ベースとなっています。


少しでも、あなたのつまずきを、なくしたい、

そして、神様へと、繋げてあげたい。

その思いで、書いています。


では、早速、、、



*むねさん。受けました、受けました。アドバイス。


むね: 落ち着いて下さい。


*はい。すいません。でも、受けたんですよ。アドバイス。

 凄く、ないですか?


むね: 良かった。本当に良かった。あなたが、もしかしたら、

   神様から、離れるのでは、、、と思い、、、


*本当に、語りかけてくるんですね。ビックリです。


むね: そうですか。感動が、ありましたか、、、


*書き留めてみました。ふふっ。


むね: どう、でした?


*本当に神様って、いるんだ。感激です。


むね: あはは。そうですか、そうですか。


*私、囚われていました。小さな自分に。諭されました。

 でも、愛してる。と。感動で、、、涙が溢れてきちゃって。


むね: わかります。僕も、そうでした。


*あれ?ごめんなさい。自分の事ばかりで。

 インタビューに、なっていませんよね?


むね: いえいえ。あなたが、深く神様と繋がった。

   僕は、それだけで、嬉しいです。


*あの? 祈れば、毎日。アドバイスを貰えます?


むね: う~ん。言いにくいのですが、、、

   ビギナーズ・ラック?!


*ビギナーズ・ラック?!


むね: 信仰を始めて、間もない時は、少し祈っただけでも、

   聖霊を受けます。しかし、続けて行くと、、、

   受けにくくなる時期があります。

   なぜか?


*なぜ??


むね: もっと、祈り求めて欲しいからです。

   そして、あなたの愛の次元が、上がらなければ、

   聖霊は、もっと、受けにくくなります。


*えっ?そうなんですか??


むね: 神様が、なぜ?

   あなたに、聖霊を送ると、思いますか?


*えっ?う~ん、、、なんで??


むね: あなたに、愛を成して、欲しいからです。


*愛を成して??


むね: そうです。この地上で、あなたを導き、あなたが、

   愛を成す為に、沢山の聖霊を、注いでいるのです。

   愛を成すには、今の低い次元の愛では、出来ません。

   なので、、、

   神様が、御言葉を通し、人類へと、伝えているのです。


*壮大な話ですね。気遅れしちゃいます。


むね: そう、焦らずに。

   毎日、続けて行く事が大切なのです。

   継続は力なり、です。

   そして、、、

   御言葉を、求めて下さい。

   もっと、もっと、沢山、悟って下さい。


*悟る?


むね: はい。御言葉には、愛の次元をあげる、成長させる

   言葉が、沢山、詰まっています。神様の思い。心情を、

   深く理解する事で、気付き、行動する。

   この繰り返しの中で、愛は、成長していくのです。


*行動?ですか??


むね: はい。愛とは、救いなのです。

   あなたが、愛を成す為に、祈り・求めるなら、、、

   必ず。導かれます。導かれ、かたは、人それぞれです。

   しかし、繋がって行きます。必ず、です。

   なぜなら、神様は、一つ、だからです。


*私。続けます。毎日、朝のお祈りをします。今回も

 インタビューを受けて頂き、有難う御座います。

 最後に、ご覧の読者の方へ、一言。お願いします。


むね: 僕は、信仰を始めて(聖霊を受けて)、一年と9ヶ月に

   なります。 つまずきは、他の人より多かった筈です。

   それでも、すがり、求めて来たのは、なぜか?

   神様の愛=聖霊を、受けて、導かれて、来たからです。

   体験して下さい。

   愛に満たされて、生きて、下さい。

   満たされた愛を、隣人へと、分け与えて下さい。

   それが、、、

   神様が、諭す、第二の教え。

   隣人を愛しなさい。なのです。



親愛なる隣人の皆様へ。

むね

ブログランキングに、登録しています。
多くの方に、真実が伝わりますように、
ご協力下さい。
皆様に、神様の祝福がありますように。


プロフィール

光の騎士 むね

Author:光の騎士 むね
本当の愛を知った時。
あなたは、愛に包まれます。
これが、真実なのです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR