fc2ブログ

プレトとルリスの冒険 – 「第9話・カスタードルフィンをめぐる冤罪」

2024012409074110a.jpg



「ひどいケガ…」ルリスは膝をついて、

カスタードルフィンに顔を近付けた。

正式名称はカスタード・ドルフィンだが、

連続する「ド」をくっつけて、

カスタードルフィンと呼ばれている。

淡い黄色の体色と、クリーム状の体液を持つことから、

この名前がつけられた。

主に空中で生活し、泳ぐように優雅に飛ぶことができる。

肺呼吸をするため噴気孔はなく、

クチバシの付け根に小さな鼻の穴が2つある。

そのため、海のイルカによく似ていても、

全く別の生き物であることが分かる。

「背びれに切れ込みがあるからオスだね、

子供かな…」プレトが呟く。

カスタードルフィンの成体は2mを超えると聞いたことがあるが、

目の前にあるその個体は50センチメートル程度だから、

おそらく子供だ。

左の脇腹に10センチメートルほどの切り傷があり、

とても痛々しい。

ルリスが眉をしかめて言った。

「密猟かな……」


カスタードルフィンは前頭部に、

黄みを帯びた大粒の真珠が埋まっている。

その真珠はジュエリーに加工され、

市場に広く流通している。

大きさも形も照りも安定しているし、安価なため、

二枚貝から採れる真珠よりも人気が高い。

体液中の成分が凝固したものらしく、

一定の大きさになると、自然にぽろっと落ち、

また徐々に新しい真珠ができるのだ。

体を傷付けずに、定期的に大粒の真珠を採取できるため、

国内には専用の広大な牧場がある。

人懐っこく危険な習性もないので、

自宅の敷地が広ければ、

申請を出してペットにすることも可能だ。

そのため、飼育下での個体数はかなり多い。

その反面、穏やかな性格が災いしているのか、

野生での個体数は年々減っているらしい。

採れたての天然真珠を求めて密猟が行われている

との噂もある。

カスタードルフィンは人々からとても愛されていて、

近年制定された法律により、

密猟者は発見され次第、

その場で懲役か罰金かを選ぶことになった。


できることをしようと思い、

プレトは装備の中から救急セットを取り出した。

中には一応、縫い針と、自然に吸収される糸が入っている。

問題は使いこなせるかどうかだ。

プレトも不器用ではないが、

ルリスの方が向いてそうだと思って尋ねる。

「ルリスさ、この子の傷口、縫える?」

「うーん……チャーシューを仕込むようなものかな?」

「……え?」

ちょっと待ってくれ。今なんて言った?



*続きは、こちらから、どうぞ!


【連載小説】プレトとルリスの冒険 –

「第9話・カスタードルフィンをめぐる冤罪」

by RAPT×TOPAZ





皆様に沢山の祝福が望みますように

むね


プロフィール

光の騎士 むね

Author:光の騎士 むね
本当の愛を知った時。
あなたは、愛に包まれます。
これが、真実なのです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR