fc2ブログ

【連載小説】プレトとルリスの冒険 – 「第1話・運命の命令書」

20231223060958194.jpg



   1 運命の命令書


「最後のシーン良かったよね、まさかスライムと

クマが一緒にあんなことするなんて」

ルリスがそう言って鼻をかんだ。

「本当に良かった。敵対していたのに、まさか

あんな和やかなラストになるなんて」

プレトは深く頷いて答えた。


二人は、プレトの自宅兼研究室で映画を見終わったところだ。

この庭付き一戸建てのオンボロの賃貸物件は、

プレトの趣味の実験器具で溢れていたが、

意外と居心地がいいらしく、

ルリスはしょっちゅう遊びに来ている。

本当にしょっちゅうなので、

プレトはルリスに郵便受けのチェックすら頼んでいたほどだ。


ルリスはいつもは手ぶらでプレトの家に来るのだが、

今日は「新感覚!癒し系ホラー!」とあちこちで宣伝されていた

謎めいた映画のビデオを借りて持ってきた。

どうせ大した映画ではないだろうと思っていたが、

思いのほか面白く、

2人で感情移入しながら最後まで観入ってしまった。

「プレトもドリンク、飲むよね」

ルリスがそう言って、2人がけのソファーから立ち上がると、

プレトの返事も待たずに冷蔵庫に向かっていった。


映画が終わり、画面を切り替えると、

パラライトアルミニウムの枯渇問題に関するニュースが

目に飛び込んできた。

何やら不安を煽るように報道している。

パラライトアルミニウムは虹から抽出されていて、

今年はその虹が足りないとアナウンサーが説明していた。


毎年、雨季になると、

国内に出現する虹からパラライトアルミニウムを採取し、

抽出し、貯蔵しているのだが、

今年の雨季はほとんど雨が降らず、

虹が出ないまま終わってしまったらしい。

だが、、、



続きは、こちらから、どうぞ!


【連載小説】プレトとルリスの冒険 – 「第1話・運命の命令書」

by RAPT×TOPAZ




皆様に沢山の祝福が望みますように

むね


プロフィール

光の騎士 むね

Author:光の騎士 むね
本当の愛を知った時。
あなたは、愛に包まれます。
これが、真実なのです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR