fc2ブログ

いじけて生きても、つまらない。

20231127070757f3a.jpg



こんにちは、むねです。

いつも、ご覧頂き、感謝します。



僕は、伝道をしています。


ブログで伝道をしています。

云わば。

不特定多数の人達が見る(読む)、のです。


年齢も性別も、置かれている状況も様々でしょう。

しかし。

神様の言葉(御言葉)は、不変的なもの、です。


そう。誰もが共有出来るもの、なのです。


だから、こそ。

僕は、迷わずに、伝えています。



神様と出会う、以前。

僕は、周りを気遣い、生きて来ました。


そうする事で、事が円滑に進む事に、

ある時、気付いた、から、です。


しかし。上手く行く場合と行かない場合があった。


その答えを、神様は、、、

御言葉の中で伝えて(教えて)くれた、のです。


本当の愛とは、、、

気遣う事であり。構う事ではない。

分け与え合う事であり。

感謝し感謝される事だ、と。


僕の心に、響きました。

そう。僕は、気遣うあまり、、、

構う事まで、していた、のです。


では、構う事、とは?

そう。感謝されない行為、です。


相手に摂って、今すぐ、必要なもの。

後に、気付くものも、ある。


そう。相手の心の在り方で、、、

如何様にでも、解釈出来る(出来てしまう)。

(漠然としている)


だから、こそ。僕は、、、

神様の諭す。御言葉を学んだ、のです。


本当の愛。正しさ。義や摂理。

云わば。神様の考え方を、学んだ、のです。


僕は、実践してみた、のです。

気遣う事と、構う事を、分けて捉え。

そして、へりくだった、のです。


へりくだる、とは、、、

媚び・へつらう事では、ありません。

相手を、見下さない、事です。


まず。僕は、誰に対しても、

感謝を素直に、伝えるようにしました。


小さな子供でも、伝えます。

どんな些細な事でも、ありがとう、と伝えました。


そして、僕の得た、答えが、

「愛を成す者は、疎まれない」、なのです。


感謝を伝え、嫌がる人を、僕は、、、

一度も、見た事がありません。


照れくさそうにする人は、います。

しかし。嫌がってはいない、のです。


そして、その関係(場所・空間)には、、、

愛(義)が、生まれる、のです。


そして、肝心、なのが。


僕は、神様から、愛を学んだ、うえで、

愛を成した(行動した)、のです。



20231127070755abf.jpg



云わば。それまでは、、、

僕のエゴ混じりの、気遣う、だった、のです。


僕の利得や、僕の考え方(押し付け)。

それが、入り混じっていた、と云う事です。


構う、にしても、、、

本当に相手に摂って、必要なものを、

神様から、学んだうえで、分けた(分けれた)。


だから、、、

「愛を成す者は、疎まれない」、なのです。


成約の御言葉を、一言で云うなら。

「分かり易い。」


これ程。分かり易く、実践的な御言葉は、

成約の御言葉、だから、こそ、です。


中心者が、どこまでも、分かり易く。

丁寧に。そして、心を砕き(気遣い)。

伝えて来た、から、こその御言葉、なのです。



僕は、道先案内人、です。

あなたより先に、神様と出会った。

ただ、それだけ、です。


しかし。確実に。

神様の元へと、案内が出来ます。


そうです。

神様は、今。まさに、降臨されている、のです。


そして、あなたは、神様に呼ばれている、のです。

「早く。こちらに、来なさい」、と。



*神様は、地位や名誉がある者を、

必要としているのでは、ありません。


心を見る、のです。

あなたに、今。何も無くとも、かまわない。


なぜなら。神様は、与え導くから、、、

「こちらに、早く。来なさい」、と言っている、のです。


(あなたの中には、宝が眠っています)

(曰く。神様は如何様にでも、出来る、のです)



あなたの隣人

むねより

--------------------

(2023年11月 朝の祈り会)

2023年11月26日(日)例え無神論の国であったとしても、神様の考えをもって働く人が大勢現れれば、そこでは必ず神様の御心が成され、多くの人たちが救われていく。しかし、神様の考えで行わなければ、どんなに働いても神様の御心を成すことはできず、人を救うことはできない。

○朝の祈り会、および有料記事のパスワードのご購入

--------------------




2023112707075729d.jpg
プロフィール

光の騎士 むね

Author:光の騎士 むね
本当の愛を知った時。
あなたは、愛に包まれます。
これが、真実なのです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR