fc2ブログ

【連載小説】プレトとルリスの冒険 – 「第11話・クリームの出身」

202402030830359ed.jpg


夜もふけてきたので、プレトとルリスは寝ることにした。

焚き火を消して、ランタンをつける。

テント内にマットを敷き、その上に寝袋を広げた。

「ルリス。焚き火が消えてるか、また一緒に確認してくれる?」

「もちろん」

改めて火が消えていることを確認し、

2人ともテントに潜り込んだ。

ランタンも持ち込む。

プレトはなんだかソワソワしてきた。

テントで寝るなんて、生まれて初めてかもしれない。

「きゅーきゅー」

クリームをテントに入れてやると、ルリスに寄り添っていった。

直後、傷口を上にして横向きに転がり、寝息をたてはじめた。

「寝つき、よすぎでしょ」

「羨ましいなー」

ルリスが、自分の薄い掛け布団をクリームにもかけてやる。

「ケガもして、わたしたちに出会って、大忙しだったもんね」

クリームをそっと撫でながらルリスが言った。

「今のところは元気そうだよね。本当によかった」

プレトが言いながら、ランタンの明かりを絞った。

テント内が暗くなる。

プレトとルリスは寝袋に入り、うつぶせになった。

お互いの顔が目の前にある。

「あのさ…」

プレトが口を開いた。

「あの判断は、正しかったのかな」

「あの判断って?」

「昼間の警官とのやり取りのこと」

「ああ……」ルリスが目を伏せた。

長いまつげが頬に影を落としている。

「……他に方法はなかったと思うよ。わたしは何もできなかったから、

プレトが対応してくれたおかげで本当に助かった」

「……」

プレトは無言で頷いた。

ルリスが続けた。

「それに、あの警官たち変だったし。

クリームちゃんを保護しようとしなかったもん」

プレトはハッとした。

言われてみればそうだ。

あの警官たちは、プレトたちを密猟者扱いしていたくせに、

クリームを助けようという素振りを一切見せなかった。

「確かに……」

プレトは思わず呟く。

「人懐っこいクリームちゃんが、異常に怯えてたし」

そう言うとルリスは、寝袋の中で仰向けになった。

「そういえばさ、、、



続きは、こちから、どうぞ!


【連載小説】プレトとルリスの冒険 – 「第11話・クリームの出身」

by RAPT×TOPAZ





皆様に沢山の祝福が望みますように

むね



【連載小説】プレトとルリスの冒険 – 「第12話・奇妙な噴水広場」

20240210084938b83.jpg



クリームと別れた後、

隣街に着くまでレグルスで20分ほどかかった。

その街は、 古い民家が軒を連ねているかと思えば、

道を一本隔てたところに、

ビルが建ち並ぶオフィスエリアがあったりする。

人通りが多く賑わっているが、

どこかアンバランスな雰囲気が漂っていた。

快晴の空には、太陽光を遮るものが何もない。

真夏の鋭い光が地上を照らし、

ビルの窓ガラスをきらめかせている。

「今度はウチワモルフォ、来ないといいね」

ルリスのおどけた声が、通信機から聞こえてきた。

「またレグルスに缶詰めになるなんて、ごめんだよ」

プレトも口角を上げて答える。

昼時に近付いてきたので、食事をとることにした。

民家の建ち並ぶエリアに、

こじんまりとした定食屋を見付けた。

「あそこ、いいんじゃないかな?」

ルリスの声が聞こえる。

「そうだね、入ろうか」

プレトが了承した。


店に入ると、2人はサバの味噌煮定食を注文した。

注文の品が運ばれてくるまで、

携帯電話で宿泊施設の情報を調べることにした。

どうやらオフィスエリアに、

安く泊まれるホテルがあるようだ。

「混んでないみたいだし、ツインルームの空室があるから、

ここに泊まろうか?」

ルリスに携帯電話の画面を見せて言った。

「そうしよう」

「予約するね」

プレトがホテルのサイトに入り、予約の手続きをしていると、

ルリスが心配そうに尋ねてきた。

「今さらだけど、ホテルに泊まっても大丈夫かな。

資金が半分になっちゃったし」

プレトは予約を済ませてから答えた。

「半分になったとはいえ、まだお金に余裕はあるから大丈夫。

それに、これからも野営はするつもりだし、問題ないと思う」

「まだそんなに残ってるんだ。元々いっぱいあったんだね」

「うん。装備も資金も、上司がたくさん用意してくれたんだ。

所長には内緒でね」

「へぇ、その上司、優しいんだね」

ルリスが満面の笑みになる。


2人は定食屋を出ると、

それぞれのレグルスでホテルへ向かう。

しかし、 プレトにはさっきから気になっていたことがあった。

黒色のレグルスが2台、

ずっと二人の後をついてきている感じがするのだ。

クリームを預けた動物病院の近くでも、

似たようなレグルスを見かけた気がした。

もっとも、黒色のレグルスなど、、、




続きは、こちらから、どうぞ!


【連載小説】プレトとルリスの冒険 – 「第12話・奇妙な噴水広場」

by RAPT×TOPAZ





皆様に沢山の祝福が望みますように

むね


【連載小説】プレトとルリスの冒険 – 「第13話・プーリー犬と死者の行列」

20240214094620f28.jpg



プレトは犬に近付いて撫でてみた。

「合わせたほうがいいよ」という少女の言葉に

従うことにしたのだ。

「ドラッグストアにいきたいんでショ。こっちだヨ」

犬はそう言って、トコトコと歩きだす。

プレトはやむなく犬についていった。

まっすぐにのびた路地には、

空き缶やたばこの吸殻が散乱していた。

その路地を抜けると、

今度は大きな通りにぶつかる。

人影はちらほら確認できたが、

動きや姿がどこかおかしかった。

「こっチ」

犬はそう言って、左に曲がる。

その後をついていくと、ドラッグストアはすぐに見付かった。

一緒に店内に入ると、そこに人はいなかった。

店員すらいない。

セルフレジが備えつけられていた。

「なにがほしいノ?」

犬が問いかけてきた。

「解熱剤とスポーツドリンク」

プレトが答えると、犬は店内を歩きまわりはじめた。

プレトは買い物かごを手に取り、店内の様子を伺う。

人気がない以外、何の変哲もないドラッグストアだ。

……いや、

化粧水や乳液がこぼれている通路があった。

それら全てのプラスチック容器がねじれて壊れている。

「解熱剤はこれがいいとおもウ」

犬がその上を当たり前のように通過し、

何かをくわえてプレトの足元に置いた。

何かと思えば、薬のビンだった。

プレトは拾い上げ、Tシャツの裾でビンを拭いた。

中には、黄色の錠剤が入っている。

「おねえちゃん、熱だしたときにこれ飲んでたでショ。

おぼえてるヨ」

確かに、プレトはこれを飲んだことがあった。

プレトはそのビンをかごに入れようとしたが、

中の錠剤が糸を引いているのが見えた。

思わずかごに入れるのをやめ、足元に置いた。

犬はまた店内を歩きまわっている。

プレトは犬とは別行動をとることにした。

ドリンクの棚を見付けると、

スポーツドリンクを取り出そうとしたが、

ペットボトルの中身が明らかに濁っていた。

これではとてもルリスに飲ませられない。

ここで買い物をするのは諦めた方がよさそうだ。

「まってヨ」

ドラッグストアから出たところで、犬が追いかけてきた。




続きは、こちらから、どうぞ!

【連載小説】プレトとルリスの冒険 –

「第13話・プーリー犬と死者の行列」

by RAPT×TOPAZ





皆様に沢山の祝福が望みますように

むね


【連載小説】プレトとルリスの冒険 – 「第14話・故意の衝突事故」

20240217085418abd.jpg



「ただいまー」

「おかえりー」

プレトがホテルに戻ったとき、

ルリスは布団にくるまっていた。

ルリスに冷えたスポーツドリンクを手渡し、

他のドリンクは冷蔵庫にしまっておく。

そのとき、プレトの携帯電話に着信が入った。

誰かと思えば、チユリさんだった。

「はい、プレトです」と電話に出ると、

チユリさんの柔らかい声が聞こえてきた。

「急にごめんなさい。今ちょうど時間ができたから、

話せたらなと思ってかけちゃった」

「大丈夫ですよ。ちょうど何もしていませんでした」

「ふふふ。旅の調子はどうかしら?」

プレトはこれまで自分の身に起きたことを詳しく伝えた。

チユリさんは最後まで「うんうん」と

頷きながら聞いてくれた。

「……そうだったの。本当に大変だったわね。でも、

なんとかうまくいくようにお祈りするわね」

プレトを心から労る響きだった。

「お祈りですか?」

思わず聞き返した。

就職活動中に届く不採用通知は

『お祈りメール』と呼ばれていて、

それならプレトももらったことがある。

しかしチユリさんは

「ええ、神様にお祈りするわね」と言った。

「じゃあ道中、気をつけてね。また連絡するわね!」

「あ、ありがとうございます!」

携帯電話を右耳にあてたまま、

プレトは壁に向かってお辞儀をした。

「電話、終わった?」

ルリスが尋ねてきた。

ベッドから上体を起こし、

ペットボトルの蓋を開けようとしている。

さっきより両頬が赤いように見えた。

熱がさらに上がっているのかもしれない。

プレトはサイドテーブルに置かれた体温計を手に取り、

友人に差し出した。

ルリスはスポーツドリンクを数口飲んでから、

体温計を受け取った。

熱を測り終えたところで、

「どうだった?」とプレトが訊くと、

「38.0度」と、返事が返ってきた。

やはり熱が上がっているようだ。

ルリスは肩を落とし、再び布団にくるまった。

顔だけプレトの方を向けて問いかけてくる。

「さっきの電話、誰からだったの?」

プレトはその電話の内容を、簡単に説明した。

「そっか、例の優しい上司って、チユリさんっていうんだ」

「そうだよ」

ルリスが赤い頬のままニコッとした。

「思ったんだけどさ。チユリさんが所長になればいいよね」

ははは!と、プレトは思わず笑ってしまった。

「激しく同意!」

「ごめんね」

「え?」

ルリスが急に謝ってきたので、プレトは驚いて、

思わず舌を噛みそうになった。

「急にどうしたの?」




続きは、こちらから、どうぞ!

【連載小説】プレトとルリスの冒険 –

「第14話・故意の衝突事故」

by RAPT×TOPAZ






皆様に沢山の祝福が望みますように

むね


【連載小説】プレトとルリスの冒険 – 「第15話・理不尽な取り調べ」

20240224091525934.jpg



プレトは警察に連絡をする。

一応、救急車も来てくれることになった。

「今度はまともな警官だといいな……」

連絡を終えてルリスに言うと、

友人は意味ありげに首をかしげた。

プレトはルリスと共に、

レグルスの周りをぐるっと一周しながら、

携帯電話で次々と証拠写真を撮っていった。

愛車は、後方が大きくへこみ、右側はひしゃげ、

ガラスもバキバキに割れ、全体的に歪んでいた。

「これは、本当にひどい……プレトが無傷なのは奇跡だよ」

ルリスが顔をしかめて言った。

「そういえばレグルスの事故って、あんまり聞いたことないかも。

センサーが付いているのに、どうして事故になったんだろ」

「……私も聞いたことないな」

なぜお互いのセンサーが反応しなかったのだろう。

片方だけの不調なら、

まだあり得るかもしれないが、

2台のレグルスが同時に故障するなんて、

どのくらいの確率で起きるものだろうか。

「しかも当て逃げだし」とルリスが言って、

眉間にシワを寄せる。

プレトは気がかりだったことを打ち明けた。

「あのさ、実はクリームを預けた動物病院の辺りから、

黒いレグルスが2台で後をつけてきている気がしてたんだ。

私にぶつかったレグルスも黒で、

2台一緒に行動しているように見えたし」

ルリスが神妙な顔をして見詰めてくる。

「だから、わざとぶつけられた可能性があると思う。

理由は分からないけど、

もしかしたら私、あいつらに恨まれているのかも」

プレトは話しながら、

自分の中でふつふつとマグマが煮えるような怒りを覚えた。

「じゃあ、つまり、わざと当て逃げしたってこと?」

「その可能性はあると思う」

「……」ルリスは黙って下唇を噛んだ。

プレトは「これも、あくまでも予想だけど」と、

前置きをした上で言った。

「ホテルの駐車場でさ、怪しい奴らがいたじゃん。

私のレグルスのセンサー、あの2人組の男に壊されたのかも」

「……」ルリスは相変わらず下唇を噛んだまま、

両目を強く閉じた。

林道は相変わらず薄暗かった。

2人以外には誰も人のいる気配がない。

プレトは無言で、ルリスの額に右手を当てる。

熱はまだ下がっていないようだ。

「……まだ熱あるね。ルリスのレグルス、

路側帯に移動できるかな。中に座ってたほうがいいよ」




続きは、こちらから、どうぞ!

【連載小説】プレトとルリスの冒険 –

「第15話・理不尽な取り調べ」


by RAPT×TOPAZ




皆様に沢山の祝福が望みますように

むね


【連載小説】プレトとルリスの冒険 – 「第16話・寂れた街」

2024022810321535c.jpg


プレトとルリスは事故対応を終えると、

ピンクのレグルスで次の街へ移動していく。

プレトは、発熱しているルリスの代わりに

操縦をすると申し出たが、

ハンドルを握っていた方が元気になるからと

断られたので、やむなく助手席に座ることにした。

足元のバックパックの上に、

靴を脱いだ両足を乗せ、

2人分の寝袋を抱きかかえる。

レグルスの中は2人分の荷物でパンパンだった。

プレトが小柄でなかったら乗れなかったかもしれない。

プレトは一人、ぶつぶつと呟きつづける。

当たり前のことだが、

事故による傷心がぶり返しているのだ。

「私はさ、もともとレグルスとか、さほど興味なかったんだよ。

日常生活にどうしても必要だから買っただけなんだ。

みんなも持ってるし。どこに行くにしても、何をするにしても、

レグルスがないと無理だから」

ルリスが操縦しながら、こちらをチラチラ見ている。

プレトは気にせずに続けた。

「レグルスに乗ってれば、ムイムイも顔にぶつかってこないし。

数滴のパラライトアルミニウムでたくさん走ってくれるから、

コスパ良いしさ。レグルスなんて、それだけのものなんだ。

それ以上でも以下でもない」

ルリスが口を開いた。

「自転車だと、ムイムイが目に入って痛いもんね」

プレトの心の傷口を刺激しないように、

わざと適当に話してくれているのが分かった。

プレトはルリスに語りかける。

「……私のレグルスをさ、初めて沐浴してくれたのは

ルリスだったよね」

「沐浴? 沐浴って、赤ちゃんを洗うことだよね? 

まさか、洗車のことを言ってるの?」

ルリスは困惑している様子だった。

「そうだよ。これからはさ、私がこのレグルスを洗うよ」

「それは大丈夫!」ルリスが食い気味に断る。

「そお?」

「だってさ、あなたが洗車すると、

泡が見たことない色になるんだもん……」

ルリスの語尾が小さくなっていく。

プレトは身振りをつけて説明をした。

「あれは、洗剤に混ぜ物をしただけだよ。

窓から入ってきたスカイフィッシュをこうやって……」

「やだ! 説明しないで!」




続きは、こちらから、どうぞ!

【連載小説】プレトとルリスの冒険 –

「第16話・寂れた街」


by RAPT×TOPAZ




皆様に沢山の祝福が望みますように

むね


【連載小説】プレトとルリスの冒険 – 「第17話・廃れた遊園地」

20240302085826cc1.jpg



プレトは腰掛けていたベッドから飛び降りた。

バスルームからルリスの悲鳴が聞こえたからだ。

あわてて向かうと、服を脱ぐ前のルリスが、

バスルームのドアを開け、今にも泣きそうな顔をしている。

ルリスはバスルームの中を指差しながら、

苦しそうな声を出した。

「あそこ……!」

プレトが中を確認すると、

ヒビ割れたタイルの上をカサカサと動き回る

黒い虫を発見した。

「あー、はいはい」

プレトは素早くそれを掴むと、

バスルームの窓を開け、外に放り投げた。

「ここボロいし、まあ、いるだろうね」

「プレト……相変わらず凄いよ!」

「あいつらは気持ち悪いだけで、噛んだりしないから」

プレトはふと、ルリスの額に虫を掴んだ方とは逆の手を当てた。

「……あれ? 熱ないかも」

ルリスも自分の額に手を当てた。

「あ、ほんとだ。ドライブして、虫見て叫んだから、治ったのかな」

「ええ?! ルリスって、意外と強いよね」

プレトは心から感心し、頷きながら言った。

「ずっと仕事のことで嫌がらせされててさ、

急に私を追いかけてきて、ここまでトラブル続きだったのに、

体調不良が熱だけで済むなんて……すごいぞ」

「そうかな? あれを素手で掴める方がすごいと思うけど」

ルリスは微笑んでいる。

「ふふふ……明日さ、早めにこの街を出ようか。

こんな寂れたところにいたら、風邪がぶり返しそうだし」

「そうだね。なんかディストピアみたいだもんね」


プレトがシャワーを済ませ、リビングへ向かうと、

ルリスが備え付けのモニターをつけたところだった。

プレトも傍に行き、そのモニターに視線を向ける。

夕方の、よくあるニュース番組が流れていた。

アナウンサーが、画面の中で口を動かす。

『今年に入って4件目の、カスタードルフィン窃盗事件が発生しました』

窃盗事件……? 

プレトは頭にタオルを引っかけたままニュースに観入る。

「牧場の防犯カメラに、複数人の男と見られる影が

撮影されていましたが、未だ犯人の足取りは掴めていません」

「カスタードルフィン……窃盗……」




続きは、こちらから、どうぞ!

【連載小説】プレトとルリスの冒険 –

「第17話・廃れた遊園地」

by RAPT×TOPAZ




皆様に沢山の祝福が望みますように

むね


【連載小説】 プレトとルリスの冒険 – 「第18話・雲を食べる」

2024030610491849c.jpg


「オルタニング現象……が、どうしたの? 

週一くらいで見かけるけど」

ルリスが問いかけてきた。

オルタニング現象とは、氷を多く含んだ雲が自重に負け、

そのままの形で地上に落ちてくる自然現象のことだ。

外国ではデマ扱いをされているようだが、

この国では日常的に起きている。

「あれが起これば、ルリスにエンタメを提供できるんだ」

「エンタメ?」

ルリスが不思議そうに聞き返してくる。

「うん。明日起こる保証はないけど、

もし起きたら試してみるよ。今日はもう寝ようか」

「えー、気になるよ」

「まあまあ」

今もシリシリシリシリと、虫の声が聞こえる。

虫にまで知りたいと催促されているようだった。


旅に出て6日目の午前中、

2人は廃墟となった遊園地に別れを告げ、

レインキャニオンへ向かって出発した。

すると、プレトの携帯電話に着信が入る。

操縦席のルリスに声をかけた。

「職場から電話きた。出るね」

「はーい」

プレトが応答ボタンを押すと、

電話の向こうから部長補佐の声が聞こえてきた。

部長補佐が正式にプレトからの連絡を受ける

担当になったとのことだった。

プレトは一抹の不安を感じたが、

「かしこまりました」と答え、

そのまま現在地を伝える。

すると、部長補佐がアドバイスをくれた。

「そのルートだと、

砂漠を通り抜けるのが一番の近道ですが、

慣れた者が同行しない場合は危険もあります。

できれば、迂回しながら街の中を通過するのがいいかと。

女性2人ではなおさら」

「ありがとうございます」

プレトは口ごもりながら言った。

「あの……出張なのに、友人と一緒で……

その……申し訳ないです」

部長補佐が答えた。

「ご友人とどういった流れで合流したかは、

チユリさんから聞きました。

普通はあり得ないことですが、助けてくれている人を、

無理に追い返すほうが不自然だと思います」

「……はい」

プレトは様子を伺いながら返事をした。

部長補佐が言葉を加える。

「……それに、個人的な意見ですが、、、




続きは、こちらから、どうぞ!

【連載小説】プレトとルリスの冒険 –

「第18話・雲を食べる」
 by RAPT×TOPAZ




皆様に沢山の祝福が望みますように

むね


【連載小説】 プレトとルリスの冒険 – 「第19話・ストーカーとの対決」

20240309080247af3.jpg


名前を呼ばれ、思わずドアにかけていた手を止めた。

ストーカーに名前まで知られているのか? 

そう思うと、虫酸が走った。

プレトは声を無視し、再びレグルスに乗り込もうとしたが、

また声をかけられた。

「待てよ!  頼まれたんだ!」

プレトは顔をしかめながら、声の方に顔を向けた。

ブラウンのレグルスが停まっている。

操縦席側の窓が開いていて、

そこからドライバーが話しかけてきているのだ。

乗っているのは、どうやら一人だけのようだ。

プレトがじっとしていると、男が再び話しかけてきた。

「……おまえ、プレトだよな?」

プレトは黙って相手を睨みつけた。

迎えに来たとはどういうことだろうか。

話が読めない。

男がレグルスを降りて、

こちらに近付こうと足を踏み出してきたので、

プレトは大声で怒鳴りつけた。

「止まれ! それ以上近づくな!」

トラブル続きの上に、一度は殺されそうにもなったから、

プレトはもうこれ以上、知らない人間と関わりたくなかった。

何より、ルリスを余計な危険に晒したくなかった。

男は指示通りにピタッと止まる。

プレトは言った。

「迎えってなんだ! 頼みってなんだ! どうせストーカーだろ!」

「ストーカー?」

男は、恐る恐るといったふうに口を開く。

「レインキャニオンを目指す女の2人組がいるから、

案内してくれないかって頼まれたんだ。髪と目が黒くて、

小柄で色白なのがプレトってことしか知らねえ」

「……そんな人、ごまんといる」

「オレだってそう思ったよ。でも、こんな辺鄙なところを

移動してる奴ら自体少ねえし、女の二人組ってことで探したんだ」

「プレト……」

ルリスから声をかけられた。

プレトは男から目を離さずに答える。

「そのまま操縦席にいて。すぐに出発できるように準備してて」

「分かった」

短く返事が返ってきた。

ルリスがエンジンボタンを押す。

ルリスの操縦なら、誰が相手だろうと振り切れるはずだ。

プレトは思い切って男に尋ねる。

「どういう経緯?」




続きは、こちらから、どうぞ!

【連載小説】プレトとルリスの冒険 –

「第19話・ストーカーとの対決」


by RAPT×TOPAZ



皆様に沢山の祝福が望みますように

むね


【連載小説】プレトとルリスの冒険 – 「第20話・新たな同行人」

20240313092155a4e.jpg


通信機から男の声が聞こえる。

「このまま進んで問題ないよな? なんかあったら言えよ」

「はーい」

ルリスが返事をし、続けて尋ねる。

「街の中のルートとは言っても、街も途切れたりするよね?」

「そりゃあな」

「じゃあ、今まで通ってきた道と、そんなに変わらない感じかな」

プレトも通信機に向かって話しかける。

「私たちを案内するように依頼されたみたいだけどさ、

ちゃんと報酬は出るの?」

「出るぞ。出なくてもこっちから回収に行ってやる」

「だよね」

タダ働きではないことを知って安心した。

ストーカーに追われている最中に、

適当なことをされては困るからだ。

「私たちのこと、どれくらい知ってるの?」

「ほとんど知らねえよ。黒髪がプレトだろ? 

あとは、レインキャニオンに行きたいってことくらいか」

「正確には、黒じゃなくて墨色だよ」

ルリスが口を挟んだ。

プレトとしては自分の髪の毛を何色と言われても

構わなかったが、

ルリスは出会った頃から墨色だと言い張ってきた。

「あ? ああ、まあどっちでもいいけどよ。

でも、なんでレインキャニオンなんか行きたいんだよ」

「それ、言わないといけないの?」

プレトは淡々と言い返した。

「は?」

「キリンパンは仕事のこととか答えないじゃん。

それなら、こっちも言いたくないんだけど」

「……そうか」

「そっちのこと教えてくれるなら、こっちも答えるよ」

「努力する」

ここで会話は途切れた。

とりあえず今は、

彼自身について何も教えるつもりはないらしい。

不満もあったが、

お互いに初対面なのだから仕方がないのかもしれない。

プレトはルリスに歌をリクエストしたかったが、

赤の他人と一緒だから憚られた。

しかし、しばらく頭を窓につけて外を眺めていると、

ルリスが通信機に向かってこう話しかけた。

「キリンパン、歌ってもいい? ドライブ中はよく歌ってるんだけど」

「ご自由に」

「やった! プレト、リクエストある?」




続きは、こちらから、どうぞ!

【連載小説】プレトとルリスの冒険 –

「第20話・新たな同行人」


by RAPT×TOPAZ



皆様に沢山の祝福が望みますように

むね


プロフィール

光の騎士 むね

Author:光の騎士 むね
本当の愛を知った時。
あなたは、愛に包まれます。
これが、真実なのです。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR